TinyLinux‎ > ‎

Bodhi Builder で vesamenu.c32 not a COM32R image Live Iso を Klue で制作する。

posted Nov 29, 2017, 4:25 PM by Katsumi Hirano
bodhibuilderをインストールするため、依存パッケージを入手しておく。isolinuxは依存していないが、必要なので追加。 

sudo apt-get install squashfs-tools casper libdebian-installer4 ubiquity-frontend-debconf discover python-vte plymouth-x11 isolinux

xresprobeはリポジトリに無いようなので、一つ前のLTS用のパッケージを探してインストール。bodhibuilderはくまさんのページから。

xresprobe_0.4.24ubuntu9_amd64.deb 
bodhibuilder_1.0.0_all_kuma.deb

/usr/bin/bodhibuilder を修正。試行錯誤の結果、vesamenu.c32の配置場所が、bodhibuilderのソースで想定している場所と異なり、出来上がったisoが起動できなくなる。また、ldlinux.c32も必要なようなので、同時にコピーするようにする。

もとはfindで賢く処理しているが、ベタにcpで対応。(上が修正後、下が修正前)
(修正後)
# VESAMENU=`find /usr -print0 | grep -FzZ "syslinux/vesamenu.c32"`
# cp $VESAMENU $WORKDIR/ISOTMP/isolinux/ 
cp /usr/lib/syslinux/modules/bios/* $WORKDIR/ISOTMP/isolinux/
---
(修正前)
VESAMENU=`find /usr -print0 | grep -FzZ "syslinux/vesamenu.c32"`
cp $VESAMENU $WORKDIR/ISOTMP/isolinux/ 

これでうまく行った。
Comments